歯周病治療の流れについて

もし、歯周病になってしまったら、歯科医院に行って治療をする必要があります。


歯周病は、放っておくと、歯を失うばかりか、全身にまで症状が及ぶ可能性がありますから、早期に歯周病治療が必要になってきます。

歯周病治療に有効な情報の紹介です。

そこで、まず、歯周病治療として行われることとしては、歯磨き指導となります。

BIGLOBEニュースの有益な情報を提供します。

歯磨き指導をしっかりと行ことによって、歯周病治療がスムーズに行うことができるようになります。
次に、歯石の除去を行っていきます。
これは、超音波を使って歯石を破壊して水で洗い流すという方法で行い、一度でたくさんの歯石を除去することができます。

次に、歯周外科として、麻酔をして、歯茎を開いて、通常は見ることができない部分の歯石を取り除いていきます。
このような場所は、どんなに毎日歯磨きをしていても、どうしても歯石として残ってしまう可能性があるので、歯科医院でしっかりと除去する必要があります。次に、抜歯を行う場合があります。



歯周病が進行してしまうと、歯をいつまでもそのままにしておくと、他の歯にまで影響が及ぶ可能性が出てきますので、思い切って歯を抜いてしまうこともあります。

このほかにも、生活指導として、禁煙をすすめたり、糖尿病は歯周病をさらに悪化させる可能性があることから、内科と連携して治療にあたることもあります。
症状が強い場合は、抗生物質を処方したり、かみ合わせを和らげるためにかみ合わせを弱くするといった歯周病治療が行われることがあります。


Copyright (C) 2015 歯周病治療の流れについて All Rights Reserved.