歯周病の原因と歯周病治療の方法について

歯周組織が歯垢内の細菌の一種である歯周病菌に感染することで、出血や腫れを発症、更には歯が抜け落ちることを歯周病と言い、日本人の多くが感染していると言われています。


歯周病の最大の原因は歯垢で、口内に細菌の栄養となる食べ物の残りカス等が存在することで歯に付着し、徐々に症状を悪化させていきます。

マイナビニュースについての情報を簡単に探すことができます。

また、血流が悪くなると体の免疫力が低下するほか、唾液の分泌量が減ることで口内の悪い細菌が増加することに繋がるため、喫煙も悪い影響を与えることになります。

更に、歯並びの悪さも歯ブラシで歯垢を落としきれなくなるため、歯周病の原因となります。歯周病治療は、これらの原因を排除する方向で行われます。
第一に、スケーリングによって、残っている歯垢を除去します。一般的に、毎日の歯磨きによって歯垢の多くを取り除くことが可能ですが、間違ったブラッシング方法だったり、十分なブラッシングができていない場合は、口内に歯垢が残ってしまいがちです。

歯科医による歯周病治療では、専用のスケーラーを使用しこれらの歯垢の除去を行います。
また、ルートプレーニングによって、歯周ポケット等に隠れている歯垢も除去することができます。状況によっては、抗生物質によって体内から直接歯周病菌を死滅させたり、ブラッシングに影響を及ぼさない程度に、歯並びや噛み合わせの改善を実施する場合もあります。

様々な種類の歯周病治療情報を選ぶ時のポイントを紹介いたします。

同時に正しい歯磨き方法を伝授し、毎日の歯磨きによって歯周病感染を予防することも、大事な歯周病治療法の一つです。




Copyright (C) 2015 歯周病の原因と歯周病治療の方法について All Rights Reserved.