歯周病予防と歯周病治療

歯周病とは、歯の周辺の骨が溶け出し、ぐらぐらと揺れたり、歯茎が赤く腫れてしまったりする病気のことです。


症状があまりでないため、気づいた時には、かなり重症の状態の場合も多いのも歯周病の特徴です。

歯周病の主な症状には、歯茎が腫れる、歯茎からの出血、歯石がつく、歯茎が下がり歯が長く見えるようになるなど様々な症状があります。

対処法としては、歯ブラシによるブラッシングや、デンタルフロスなどで、歯の隙間などの歯垢などを毎日しっかりと取り除くことで、歯周病予防になります。

歯周病治療関する情報選びで困った時に見てほしいサイトです。

自宅での対処でも無理な場合には、歯医者での治療が必要になります。歯周病治療では、細菌の塊であるプラークの除去がメインです。

Infoseek ニュースを知りたいならご活用ください。

また、それでも摂りきれない場合には、歯周病治療として歯周外科があり、重度の歯周病に対して、歯の形を整え、状態が悪い歯の抜歯なども行ってくれます。

歯周病治療は、短期間の治療で済ますことができないため、定期的に治療を受けなければなりません。
治療が済み完治した場合でも、その後の経過を確認するためにメンテナンスをしてもらうことで、歯周病進行を食い止めることになります。


歯周病は、歯医者での治療だけでは完全に治療することはできません。
自宅での毎日、歯のケアをすることが重要です。

歯磨きでのブラッシングで歯と歯茎をきれいにして、デンタルフロスでの歯茎の隙間の歯垢の除去を丁寧に行い、健康的な歯茎を保つことがとても大切になります。




Copyright (C) 2015 歯周病予防と歯周病治療 All Rights Reserved.